天神祭2019|おすすめ花火ルートや混雑回避は?屋台の場所についても

こんにちは!みゅうです♪

さて今回は、1000年以上の歴史を誇る日本三大祭の一つ「大阪天神祭」についてまとめてみようと思います!

毎年130万人もの人が訪れる天神祭。

おすすめルートや混雑回避など、気になる情報をみていきましょう~!

スポンサードリンク

天神祭奉納花火

まずは日程などしっかりチェックしておきましょう~♪

日程 2019年7月25日(木) ※荒天時は中止。

 

時間 19:30~20:50

 

会場 大阪天満宮、桜之宮公園など

 

打ち上げ場所 桜之宮公園~川崎公園~大川一帯

 

玉数 5,000発

 

昨年の人出 約130万人

桜之宮公園北側では打ち上げ花火、南側(川崎公園側)では仕掛け花火が上がります。

会場周辺地図はこちら。↓

おすすめルートや混雑回避

JR西日本の公式ツイッターからのお知らせです。

ルート① 京橋駅ルート

会場までの距離があるため駅は18:00ごろでも混雑を感じません。

駅周辺に飲食店やコンビニが多く、買い出しやトイレの際に便利です。

場所は桜之宮公園南側へ向かい、混雑している場合は川崎公園へ移動するのがおすすめです。

混雑対策

桜之宮公園は18:30ともなると大混雑します。

17:00ごろには到着し、遅れた場合は川崎公園へ移動しましょう

ルート② 桜ノ宮駅ルート

特別観覧席の最寄り駅で打ち上げ場所に最も近いため混雑します。

改札も小規模なので駅前は歩くことが困難なほどになります。

観覧客が多く集まるのは、屋台が出るJR桜ノ宮駅近くの「桜宮公園中央広場」周辺で、16:00ごろから場所取りが始まります。このスポットを狙っている人は早めに到着しましょう。

混雑対策

打ち上げ場所から遠い東口を利用して少しでも混雑回避しましょう。

17:30ごろになると電車が来るたびにかなりの観覧客が降りてきます。

17:30までに到着して混雑を避けましょう。

終了直後は駅に着くのにも時間がかかります。帰りはJR「大阪城北詰駅」や京阪「京橋駅」方面へ行きましょう。

ルート③ 天満橋駅ルート

大川西エリアにアクセスする人でどの時間も混雑するが、駅構内は広くて快適です。

仕掛け花火は少し見えにくいが、打ち上げ花火が真正面に上がるOAP前の円形広場には17:30ごろに到着し、視界の開けた場所を確保しましょう。

混雑対策

駅構内の混雑のピークは18:00を過ぎてからです。

まだすいている17:00を目安に到着すればスムーズに移動可能です。

終了後は駅前に行列ができます。OAP前からの帰りは京橋駅周辺の店で食事して帰るのもアリです。

ルート④ 南森町駅ルート

17:30ごろから人が増えだし、ピーク時は改札から次々に観覧客が出てくるため、地下道が混雑します。

しかし、JRなどに比べるとすいている時間帯もあるのでおすすめです。

大阪天満宮や1号線沿いの屋台が楽しめます。

混雑対策

昼から神賑行事を楽しめば、駅での混雑が避けられるうえ、お祭り気分も満喫できます。

花火と神賑行事の観覧客でかなりの人出です。

17:30までに到着して、屋台に寄りながら会場へ行きましょう。

昨日の混雑状況はこんな感じでした。

今日はもっとですよね。汗

押されて転んだりしないように気をつけて下さいね!

スポンサードリンク

屋台の場所は?

◯大阪天満宮

◯天神橋筋商店街

◯桜之宮公園の各所

川沿いにたくさん並んでいますね♪


商店街もいい感じです(^^)

終わりに

いかがでしたか?

くれぐれも駅や会場の混雑でケガなどしないように楽しんできて下さいね!

それではここまでお読みいただきありがとうございました~(*^^*)

 

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です