祝賀パレードはどこで見る?撮影ポイントや穴場スポットはここ!

こんにちは!みゅうです♪

11月になりましたね。

去る10月22日(火)は天皇陛下が御即位を公に宣明され、その御即位を内外の代表がお祝いする儀式、

「即位礼正殿の儀」が宮中にて執り行われ、日本国中がお祝いムードに包まれましたね。

私もテレビにかじりつきで見ていましたが、歴史的な瞬間に感慨深いものを感じました。

十二単も素晴らしかったですよね(^^)

さて今回は、11月10日(日)に行われる「祝賀御列の儀(しゅくがおんれつのぎ)」(祝賀パレード)についてまとめたいと思います!

スポンサードリンク

祝賀パレード 概要

日程:2019年11月10日(日)

 

時間:午後3時~午後3時半

 

コース:皇居・宮殿をご出発 → 赤坂御所にご到着

前日の11月9日(土)には国民的グループ嵐も出演する、天皇陛下の即位国民祭典が行われます。

11月9日・10日は御即位を宣明された天皇陛下と皇后さまが国民から直接祝福を受ける晴れやかな2日間となります。

26年前の結婚パレードの映像が鮮明に思い出され、歴史を感じます。

日本中が喜び溢れる2日間となりそうですね(^^)

パレードコースと交通規制Map

引用:警視庁ホームページ

祝賀パレード当日は、首都高と一般道で通行止めが行われます。

場所によって規制時間が異なり、特に信濃町駅周辺は細かく時間が設定されているため注意が必要です。

前日11月9日も一部交通規制があり、時間は正午頃から午後8時00分頃までの間となっています。

引用:警視庁ホームページ

祝賀パレードはどこで見る?撮影ポイントや穴場スポットは?

さて、パレードを見に行かれる方はどこで見ようか迷われるかと思います。

コースは「皇居・宮殿」から4.6kmの距離を約30分かけて「赤坂御所」にご到着されるコースです。(午後3時~3時半)

皇居・宮殿をスタート → 祝田橋交差点を右折 → 桜田門駅前を通り国会正門前交差点を右折 → 憲政記念館前交差点を左折 → 平河町交差点を左折し青山通りを直進 → 青山一丁目交差点を右折 → 権田原交差点を右折 → ゴール地点の赤坂御所に到着。

撮影ポイント・穴場スポット

祝賀パレードを見に行かれる方は自身の目で見ることはもちろん、貴重な瞬間をカメラに納めたい、と考えている方が多数だと思います。

そこで注意しなければならないのが、撮影する際、「自撮り棒」「三脚」「脚立」など周囲の迷惑になるものは禁止とされているということです。

なので、それらが使えないという前提で撮影場所を確保しないといけません。

パレードで両陛下が乗られる車は全て右車線を走ります。

コースを見てみると右折や左折をするカーブがいくつかありますが、そこがポイントになると思います。

カーブ側の沿道・・・通り過ぎる際に車がすぐ背を向けてしまい、撮るタイミングは一瞬だけです。

カーブ側の沿道・・・曲がる瞬間に両陛下お揃いで内側を向いて手を振られる瞬間がある可能性大!

なので穴場スポットは、カーブの内側で両陛下のお姿が近くで見られそうな青山1丁目の交差点が狙い目かと思われます。

ちなみに車で約10分の距離を約30分かけて進行されるのでかなりゆっくりです。(時速10km)

平成2年の祝賀パレードでは約12万人が訪れました。

ベストポジション確保は午前中じゃないと無理そうです、、^^;

持ち込み禁止物

観覧者は持ち物に気をつけなければいけません。次のものは持ち込み禁止とされています。

・刃物や火気類(ライターなど)、ビン・缶、スプレー、横断幕など。

・キャリーケースなどの大きな荷物。

・自撮り棒やカメラの三脚、脚立など。

周囲の迷惑となるものは持ち込めません。

こうした物品は検査所に預けることはできず、持っているとブースに入れない可能性があります。

旅行者は事前に宿泊先やバスなどに預けておくといいですね。

注意
観覧者はどこからでも見学できるわけではなく、コースの沿道や交差点にはパイプ柵などで囲まれたブースが設けられ、入る前に持ち物検査を受ける必要があります。 

※手荷物検査は29地点40カ所で実施。(再入場の際も要検査)

 

※検査開始時間は「二重橋前周辺」8:00~、「祝田橋と桜田門」11:00~、「国会前以降」正午~。

 

※持ち込めるのは「スマートフォン」「カメラ」「ペットボトルの飲み物」など限定的なもの。

 

※周辺駅ではコインロッカーが利用不可になる見通し。

 

※周辺混雑状況は警視庁広報課公式Twitter@MPD_kohoで発信。

スポンサードリンク

祝賀パレードで使用される車

祝賀御列の儀で使用される車はトヨタ「センチュリー」を改造したもの。

21年ぶりのフルモデルチェンジを果たし、天皇陛下の即位を祝うパレードではオープン仕様となっています。

美しい漆黒はとても高級感がありますよね。

トヨタの公式ホームページによると「センチュリー」の価格はなんと1996万円から!

さすがトヨタが誇る最高級乗用車です。

パレードで使用されるのはなんと予算8000万円で改造されたものなんだそう!

両陛下のお姿が沿道からも見えやすくするために、後部座席の座面を前席より4センチほど高くし、背もたれは「一番美しく見える角度(25度)」に調整されているのだそうです。

この車にも注目が集まりそうですね!

終わりに

いかがでしたか?

祝賀パレード、私はテレビにかじりつきで見る予定ですが、とても楽しみです。

26年前にリアルタイムで見た結婚パレードと重なって感動しそうです。

いいお天気に恵まれることを祈ります!

それでは最後までお読みいただきありがとうございました~(*^^*)

美村里江の結婚した旦那や子供は?学歴や改名理由についても調査!
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です