[西宮夏えびす2019]えびす万燈籠|アクセスや駐車場は?屋台についても

こんにちは!みゅうです♪

みなさん、いかがお過ごしでしょうか?

私が住んでいる関西は最近梅雨入りしたばかりで、え~今から~!?って感じです^^;

もう6月終わりやのにズレすぎやろ~!

というわけで(笑)今回は兵庫県にある西宮神社で7月に行われる『夏えびす』のうちの一つ、「えびす万燈籠」について調べてみました!

ではいきますよ~

スポンサードリンク

夏えびす「えびす万燈籠」とは?

【夏えびす】

西宮神社の公式サイトによると「夏えびす」とは、正月の十日えびすの半年後に当たる、7月10日の沖恵美酒(おきのえびす)神社、称、荒戎(あらえびす)神社の例祭日を中心に開催されている行事です。

この神社は、元は神社の南に位置する荒戎町に祀られていましたが、明治5年に境内に遷されたのだそうです。

本殿にお祀りしているえびすさまの和魂(にぎみたま)に対し、力強さを前面に出された、えびすさまの荒魂(あらみたま)を祀る神社です。

夏えびすの期間中は「七夕 天の川」や「ビールフェスタ」など様々な行事が行われます。

~えびす万燈籠~

2019年7月20日(土) ※荒天時は中止、又は内容変更になる場合あり。

夏祭 午前10時~ ・・・祭典後、拝殿前に於いて湯立神楽が行われます。

えびす万燈籠 午後6時~9時 ・・・境内330基の石燈籠と約5000個のろうそくにあかりが灯されます。

原笙会 舞楽 午後7時半・8時半 ・・・松林に於いて女性舞楽の「原笙会」による艶やかな舞楽が奉奏されます。

※午後6時以降は車の出入りが出来ません。

〈天の川〉〈奉納提灯・子供行燈・ねぶた〉〈風鈴市〉も同時開催されます。

↓LEDライトを使った「天の川」 幻想的ですね。

引用:公式サイトより

アクセスは?駐車場について

電車の場合の最寄り駅は、阪神電鉄本線「西宮駅」南口より南西へ徒歩5分

の場合は、阪神高速3号神戸線「西宮出口」より1分。

詳しくは公式サイトへ。

駐車場は境内、西南にあります。料金は無料駐車台数は100台です。通常3月~10月までは19:00まで開いてますが、えびす万燈籠当日は18時以降車の出入りができないのでご注意を

早めに到着すれば神社の駐車場に停められると思うのですが、万が一駐車場が満車で停められない場合、焦っちゃいますよね。そんな時、事前に駐車場を予約できるサイトがあるのをご存知ですか?



こちらで予約さえしていれば、当日現地に行ってサクッと駐車するだけなので本当に便利です(^^)

スポンサードリンク

屋台はある?

とても綺麗ですね。

さて、屋台についてですが、公式サイトによると、7月7日に行われる『七夕 天の川』には夜店が出るみたいですが、『えびす万燈籠』には夜店の記載がないので、無いみたいですね。

たくさんの燈籠やLED,提灯がとても綺麗です。私も予定が合えば行ってみたいです(^^)

終わりに

いかがでしたか?

西宮神社では『夏えびす』の期間中色んな行事が楽しめます。(ビールフェスタも気になる~)

ぜひカップルやご家族で出かけてみてはいかがでしょうか?

それではここまでお読みいただきありがとうございました~(*^^*)

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です