米津玄師[かいじゅうずかん復刻版]まだ予約できる?在庫確認中とは?

こんにちは!みゅうです♪

いよいよ7月に入りましたね~☆

さて今回は、6月28日(金)より予約受付がスタートした、米津玄師さんの書籍『かいじゅうずかん』についてまとめてみようと思います!

スポンサードリンク

『かいじゅうずかん』とは?

米津にとって初の書籍となった『かいじゅうずかん』は、邦楽ロック誌『ROCKIN’ON JAPAN』において、2013年8月号から2015年12月号まで掲載されていた連載をまとめたもの。米津が生み出した架空の“かいじゅう”のイラストとそれを解説する文章、そしてその世界観を表現した書き下ろし楽曲「love」のCDで構成されており、長らく品切れとなっていた作品だ。

引用:https://www.fashion-press.net/news/51320

初版は2016年12月10日に1000部限定で発売されました。

それから長い間品切れしていた『かいじゅうずかん』ですが、今回の「復刻版」の重版分で最終出版となります。

最終出版の理由としては、「バーコ印刷」に対応出来る工場が近年少なくなっているということ。また印刷に必要な素材も輸入に頼らざるを得なくなったことから、ごく僅かな量しか生産出来ず、印刷の原価が大幅に高騰してしまったという背景があり、価格も8,000円+税と以前の販売価格より2倍近くになってしまいました。

バーコ印刷

盛り上げ印刷の一種で、アメリカのバーコ社が開発したためこの名で呼ばれている。UV厚盛り印刷の場合は、インキそのものを盛り上げて印刷面を隆起させていたが、バーコ印刷では、熱によって膨らむ樹脂パウダーを印刷面に付着させ、熱を加えて盛り上げるという方法をとる。表面はつややかで、やや凹凸のある味わい深い仕上がりになる。
引用元:https://www.mdn.co.jp/Books/tatiyomi/5879/p038-039.pdf

ちなみにこういうやつですね↓↓↓

確かに高級感がありますね。価格が高騰しても、やはりそこは作品として妥協は出来ないんでしょうね!

スポンサードリンク

まだ予約できる? 在庫確認中とは?

「復刻版」「新装版」ともに2019年6月28日(金)より「米津玄師 ONLINE STORE翌29日(土)より全国の書店にて予約受付がスタートし、8月の発売を予定となっておりますが、まだ予約できるのでしょうか?

今回で「復刻版」の方は最終ですから、ここは確実に予約したいですよね?

調査してみると。。

https://twitter.com/machanchu0518/status/1144520954271293442

オンラインショップの予約受付初日、すでに限定セットは一部品切れ!?

https://twitter.com/yoneriz_0531/status/1144953038248873984

書店での予約受付初日は大丈夫だったんですね!

https://twitter.com/in2286657423/status/1145171181839872001

書店での予約受付2日目で予約。。仮って??なんか不安だなぁ。

https://twitter.com/snowdropmarch/status/1145620605598720000

これは昨日(7/1)。本屋さんもはっきりわからないんですね(・・;)

https://twitter.com/mainichi_nico/status/1145844021010427904

オンラインショップを確認すると(7月2日現在)、フィギュアのリトルキングはブルーとレッドのどちらも完売でした。

在庫確認中になっているフィギュア(子連れ毛玉、骨門番、消息通知人)は、単品購入が現在不可×で、復刻版とのセットだったらカートに入れることが出来ます。ですが、新装版とのセットは消息通知人しかカートに入れることが出来ません。(復刻版は今回で最終なので優先的にフィギュアとのセットを組むようにしていると思われます。)

書店での予約は、各書店が何部入荷出来るかで予約数が決まってしまうと思うので、確実なのはオンラインショップの方だと思います。

終わりに

いかがでしたか?

復刻版の購入を希望される方は、ぜひ早めにオンラインショップで予約された方が良さそうです。

それではここまでお読みいただきありがとうございました~(*^^*)

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です