初めてのハンドメイドアクセサリー!作家になるには?

こんにちは!みゅうです♪

今日は、私が約2年前に始めたハンドメイドアクセサリーについて書きたいと思います(^^)

スポンサードリンク

ハンドメイドを始めたきっかけ

私は石が好きで、パワーストーンのブレスレットを持っているのですが、2本持っていたブレスレットの石を組み合わせて1本に作り直してもらった時に、「余った石が勿体ないなぁ。でも、もう1本ブレスレットにしても同じものが出来るだけだしな~。」と思い、アクセサリーにしてみよう!と思いついたわけです。調べてみたら、ピアスなら簡単に作れそうな感じ。ほぼ思いつきで作ってみることにしました。

地元にパーツクラブさんがあるので見に行ってみると、あー可愛い♥これも可愛い♥と色々買っちゃいました。超初心者なのに。もちろん作るつもりで。笑

あんなにたくさんあると、本当目移りしちゃうんですよね~^^;

手作り女子に人気の100均、セリアさんでも可愛いパーツがあるので、たま~に覗きますよ☆ 「あ、これ使えるなぁ♪」と思うパーツに出会える時があります。

初めて作ったピアスはこちら↓

アクアマリンとスエードのタッセルにラインストーン付きのフック使用。

必要な工具は?

必要な工具は、ズバリ平ヤットコ丸ヤットコニッパーですね。

私は、平ヤットコとニッパーが一体型になっているものと、丸ヤットコの2本セットで使ってます。

お恥ずかしながら私、最初丸ヤットコの存在を知らなくて‥(^^;

丸ヤットコを知るまでずーっと平ヤットコとうちにあった先の曲がった曲爪ヤットコで作ってました。「ピンを丸く曲げるのって難しいな~」と思ってて。(そら難しいわ!笑)

よう作ってたな~って思います。(ほんまやで)

※ちなみに曲爪ヤットコは”ビーズクラフト”や”針金細工”に適した工具です。平ヤットコは小さな金具をしっかり掴んでくれて、金具をかしめたり、つぶし玉をつぶしたりペンチみたいな役割をし、丸ヤットコはTピンや9ピンを丸めるのに使います。

作り方は?最低必要な材料も

初心者さんは、先程の工具と好きなパーツを使ってシンプルなフックタイプのピアスを作ってみたらいいと思います。

カボションタイプだと接着剤を使う工程がいるので。※耳たぶにパーツがくるタイプのピアス(ポストピアス)です。

フックタイプだと、繋げるだけで出来ちゃいます。

必要な工具:平ヤットコ、丸ヤットコ

 

材料:フック(金具)、丸カン(金具)、Tピン(金具)、メインのパーツ

 

作り方:①まず選んだパーツ(メイン)にTピンを通す。

②突き出たピンを根元から90度に折り曲げる。

③7mm程残してTピンをニッパーで切る。

④切った部分を丸ヤットコを使って丸くする。

⑤平ヤットコと丸ヤットコ(本当は平ヤットコ2本がしっかり掴めますが)で丸カンを前後に開き、先程丸くした部分に丸カンを通し、さらにフックも一緒に通して丸カンを閉じると出来上がりです!

 

更にもう一つパーツを組み合わせたかったら、9ピンと丸カンを使って繋げればいいですよ☆ 簡単(^^♪

☞基本はこの工程さえマスターすれば、あとはちょっとずつアレンジ出来るようになります(*^^*)

販売はどのようにすればいい?

作っていると、だんだん楽しくなってどんどん増えていきます。自己満足の世界なので。笑

で、いくつか作ったのを人にあげたりしてたのですが、ある意味実験でもありました。(ちゃんとアクセサリーとして使えるか、気に入ってもらえるか.。)

ある時同僚と飲み会をした時に、私がお誕生日にあげたピアスを着けてきてくれて、「わー可愛い♥ しかも似合ってる♪」 と嬉しくなったんです(*^^*)

で、作ったものが増えてきたことだし販売してみようかなと思うきっかけになったのです。

その時思いついたのは、利用している方が多い大手フリマアプリのメルカリです。

まず登録をして、商品の写真を撮って、説明文を考えて(大きさも測って)、値段を決めて、、とやる事は結構ありますが、いよいよ販売するんだという楽しい時間でもあります。

私は自分のページを訪れてくれた人に「商品が少ないなぁ」と思われたくなかったので、まずは30品以上作ってから一気にUPしようと考えました。その方が選べますし、複数購入してもらえるかも、と思ったのです。

実際販売を始めて、評価(口コミ)がまだない時期は売れるまで時間がかかりました。

大事なのは定期的に作品をUPして閲覧数を増やす事だなぁと思いました。※毎日膨大な数の作品がUPされるので、UPした直後のトップ画面から下に下にすぐ埋もれていってしまうのです(^^;

作家になるには・・・作品が売れて買い手がつくと作家という事になるそうです。

スポンサードリンク

値段はどうやって決める?

私は購入したパーツには付箋で値段を貼っており、パーツ1つ当たりの単価が一目で分かるようにしています。

なので作品に使ったパーツ代を合計し、そこから値段を考えています。

作品の値段-パーツ代-送料-メルカリの手数料(販売価格の10%)=利益(手元に残るお金)

となるのですが、もっと細かいところを言うと、梱包資材人件費(作品作りにかかった時間、デザイン料)も考えないといけません。

私はたまたまネットでメルカリ利益計算式というのを見つけたのでそちらを使っています。(金額や送料を入力するだけで利益利益率など計算してくれてとても便利なんです!)

値段の付け方は人それぞれですが、一つの作品にかけている時間は結構なものです。パーツ選びから時間は発生していますからね。

梱包の仕方は?

私は値段を抑える為、定型(定形外)郵便で封筒に入れて送っているのですが、封筒だけだと破損のおそれがあるので、プチプチ(暖衝材)で包み、厚紙や段ボールで封筒が折れ曲がらないようにしています。

今のところ、この梱包の仕方で壊れていた等の報告は受けておりません。

それとポスト投函はせず、郵便局の窓口から発送しています。なぜかというとポストの場合、上から重いものが投函されると破損のおそれがあるのと、もし切手の料金が足らない場合お客様に迷惑をかけてしまうからです。

お互い目に見えないからこそ丁寧にしなければなりません。

商品が無事届いてお客様に喜ばれた時は私も嬉しくなります(^^)

まとめ

いかがでしたか?

自分でアクセサリーを作る楽しさ、伝わったでしょうか?

販売となると色々考えないといけないですが、自分が作ったアクセサリーを着けてもらえる嬉しさはやりがいを感じますよ♪

ぜひお気に入りを作ってみてくださいね!

 

それではここまでお読みいただきありがとうございました~(*^^*)

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です