阿部雅代(ラフティング日本代表)の経歴は?結婚や家族についても調査!

こんにちは!みゅうです♪

今回は6月16日(日)23:00~放送の「情熱大陸」に登場する、ラフティング日本代表の阿部雅代選手について調査してみました!

ではいきますよ~!

スポンサードリンク

ラフティングとは?

ラフティングと聞いて何となくはイメージできるものの、どんな競技かと言われれば説明できず…なので、調べてみました!

ラフティングはゴムボートに乗り激流を下るアウトドアスポーツです。日本では30年前ぐらいから、大学の探検部を主体に行われてきました。

引用:https://www.riobravo.co.jp/rafting/

まだ歴史の浅いスポーツですね!

渦巻く激流、急流を「ラフト」と呼ばれるボートに乗った4人ないし6人が一丸となってコントロールし、タイムと技術を競うスポーツ「レース・ラフティング」。
引用:番組HPよりhttps://www.mbs.jp/jounetsu/

渦巻く激流、急流…。なかなか危険そうなスポーツです!

阿部雅代さんの経歴は?

そんなラフティング日本代表の阿部雅代選手の経歴は…

引用:https://cyclestyle.net/article/img/2015/04/15/22025/73702.html

阿部 雅代(あべ まさよ)

 

■生年月日:1978年7月21日

 

■出身地:愛媛県

 

■勤務先:ラフティング会社㈲サファリ ラフティングガイド

 

■所属チーム:女子レースラフティングチーム「THE RIVER FACE」所属

 

■ポジション:左

 

■好きな食べ物:あんこ

チーム最年長でキャプテンでもある阿部選手はメンバーから「昭和のお父さん」「沈黙の阿部」とあだ名されるほど寡黙な女性だそう。目立つことを好まず、ひたむきにラフティングに全生活を傾けているそうです。

このラフティングという競技は、地元の支援者はいるものの、道具の購入や維持、遠征費用もほぼ自腹で、優勝したからといって1円の賞金が出るわけでもないのだとか。

阿部選手がラフティングを始めたきっかけは、20歳のときに初めてラフティングのツアーに参加し、その魅力にはまったからだそう。25歳の時に仕事を辞めてラフティングガイドになるために徳島県三好市に移住しました。

同時にレースラフティングという競技があることを知り競技選手となり、2005年以来、ラフティング世界選手権に日本女子代表として11回出場(総合優勝2回、準優勝4回、3位2回)しています。素晴らしいですね!

引用:http://www.athleteyell.jp/river_face/profile.html

とても仲が良さそうですね☆

チームは8名で平均年齢は32歳!みんなキラキラして素敵な笑顔です(^^)

スポンサードリンク

結婚や家族ついて

阿部選手は現在40歳ですが(2019年6月時点) 、結婚しているのでしょうか?

調べてみると、過去のインタビューでは「結婚したい」とも「結婚したくない」とも思わない。と答えてらっしゃいます。

なので、現在も結婚している様子はなさそうです。(ラフティングが結婚相手のようなものなのかもしれませんね!)

パートナーに求めるものは「お互いの事を尊重できる関係」だそうです(^^)

実際にラフティングを体験できるところはある?

日本ではまだまだ競技人口が少ないラフティング。

今回の放送を観てラフティングに興味をもたれる方もいらっしゃると思うので、実際に体験できる場所を調べてみました☆

調べてみると結構全国的に体験できる場所があって、北海道から九州まであらゆる場所でラフティングを楽しむことが出来ます。

こちらのサイトに色々載っているので夏休みの旅行に計画しても良いですね!→asoview

終わりに

平成21年に初出場した世界大会で準優勝に輝き、翌年の世界大会で優勝、その後も輝かしい成績を残し続け、欧米の強豪に負けない実力を持ち、国際舞台で活躍する「リバーフェイス」。

明日の放送が楽しみです♪

それではここまでお読みいただきありがとうございました~(*^^*)

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です